JavaScript初心者がお送りする、JavaScript(基礎編)リファレンスサイトです。

データ型

データ型とは?

値の型(かた)のこと。値の種類のこと。

  • 基本型←変数に直接値を格納する
    • 数値(number)
    • 文字列(string)
    • 論理値(boolean)
    • ├null(値は1つのみ)
    • └undefined(値は1つのみ)
  • 参照型←参照値(値を格納しているメモリ上のアドレス)を格納する
    • ├配列(array)
    • ├オブジェクト(object)
    • └関数(function)

数値

最も基本的なデータ型、数字です。
JavaScriptで扱う数値の特徴は、整数と浮動小数点を区別しないところです(他の言語、CやJAVAでは区別します)。
すべての数値を浮動小数点で表します。整数が表せないというわけではありません。

alert(1234);

上のサンプルページの実行結果で表示される「1234」は「数値」です。

alert(12+34);

もちろん、この実行結果で表示される「46」も「数値」です。

文字列

ダブルクォーテーション["]、もしくはシングルクォーテーション[']で囲われた値を「文字列」と呼びます。囲われていたら「文字列」です。

これら全部「文字列」です。

  • "テキスト"
  • "text"
  • "1234"
  • 'これも文字列'
  • '1234'

["]と[']の使い分けは?

["]で囲われている中に["]は使えない、その場合は[']を使う。
[']で囲われている中に[']は使えない、その場合は["]を使う。

いくつか例を挙げてみます。

NG例:["]["]で囲われている中に["]["]があるから。

<input type="button" value="実行してみる" onclick="alert("警告ダイアログが開きます")" />

OK例:["]["]で囲われている中が['][']だから。逆もしかり。

<input type="button" value="実行してみる1" onclick="alert('警告ダイアログが開きます1')" />
<input type="button" value="実行してみる2" onclick='alert("警告ダイアログが開きます2")' />

文字列の中に[']がある場合は?

文字列の中に'がある場合、例えば
"It's a Hogeko's pen."
といった値の場合は、[']をエスケープする必要があります。

色々なエスケープシーケンス

代表的なもの(よく使いそうなもの?)を以下にまとめてみます。
※以下、\(バックスラッシュ)の代わりに¥(円マーク)でもよい

\'...[']を表示

<input type="button" value="実行してみる" onclick="alert('It\'s a Hogeko\'s pen.');" />

エスケープシーケンスを使わないとどうなるかというと...

<input type="button" value="実行してみる" onclick="alert('It's a Hogeko's pen.');" />

\n...改行

<input type="button" value="実行してみる" onclick="alert('ダミーテキスト\nダミーテキスト');" />

もちろん、視覚的に改行しただけじゃ反映されません。(というより動かない?)

<input type="button" value="実行してみる" onclick="alert('ダミーテキスト
ダミーテキスト');" />

\t...タブを表示

<input type="button" value="実行してみる" onclick="alert('ダミーテキスト\tダミーテキスト');" />

論理値

値は2つ、trueとfalseのみ、真か偽です。
もし[true]の場合は~を実行、そうでない場合(falseの場合)は~~を実行。
といった場合に使います。

var n=10
if(n==10) {
	alert("nの中身は10です");
}else {
	alert("nの中身は10じゃないです");
}

  1. ・変数nの中に数値10を格納
  2. ・n(中身が10)と10が等しい(true)ので、警告ダイアログで「nの中身は10です」が表示される

ぺーじとっぷへ