JavaScript初心者がお送りする、JavaScript(基礎編)リファレンスサイトです。

JavaScriptで使う演算子

算術演算子

[+]加算、連結

■加算
a=3+5;
alert(a);
■連結
b="ほげ"+"ふが";
alert(b);

[-]減算

c=10-3;
alert(c);

[*]乗算

d=10*10;
alert(d);

[/]除算

e=50/2;
alert(e);

[%]剰余

f=5%3;
alert(f);

[++]インクリメント

その数値に1を足します。
++が数値の前にあるか後ろにあるかで処理結果は異なってきます。

g=3;
h=g++;
alert("gの値は"+g+"、hの値は"+h);

gの値は4(g++が処理されて4になった)ですが、hの値は3です。
これは、数値の後に++がある場合は、処理(この場合はgをhに代入するという処理)が行われた後にインクリメントが実行されるため、hにはインクリメントされる前のgが代入されている状態です。

g=3;
h=++g;
alert("gの値は"+g+"、hの値は"+h);

この場合はhもgも値は4です。
これは、数値の前に++がある場合は、処理が行われる前にインクリメントが実行されるため、g++が実行された後の値(つまり4)がhに代入されます。

[--]デクリメント

その数値から1をひきます。
カラクリは↑のインクリメントと同様です。

g=3;
h=g--;
alert("gの値は"+g+"、hの値は"+h);

処理後にデクリメントが実行されるので、hの値は3、gの値は2、となります。

g=3;
h=--g;
alert("gの値は"+g+"、hの値は"+h);

処理の前にデクリメントが実行されるので、hの値は2、gの値も2、となります。

ビット演算子

JavaScriptではあまり使わないらしいと聞いたので割合。

論理演算子

[&&]かつ(and)

2つの値がともにtrueの場合にtrueを返し、それ以外はfalseを返す。

[||]または(or)

どちらかの値がtrueであればtrueを返し、それ以外はfalseを返す。

[!]ではない

trueではない場合にtrueを返し、trueの場合はfalseを返す。

比較演算子

2つの値を比較して、trueもしくはfalseを返します。

[>]大なり

左辺の数値が右辺の数値より大きい場合にtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返す。

[<]小なり

左辺の数値が右辺の数値より小さい場合にtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返す。

[>=]大なりイコール

左辺と右辺の値が等しい場合、もしくは左辺の数値が右辺の数値より大きい場合にtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返す。

[<=]小なりイコール

左辺と右辺の値が等しい場合、もしくは左辺の数値が右辺の数値より小さい場合にtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返す。

等値演算子

[==]等しい

2つの値を比較して、等しければtrueを返し、等しくなければfalseを返す。

[!==]等しくない

2つの値を比較して、等しくなければtrueを返し、等しければfalseを返す。

[===]型も等しい

==より厳密。型も値も等しい場合はtrue、等しくなければfalseを返す。

[!===]型も等しくない

!==より厳密。型も値も等しくない場合はtrue、等しければfalseを返す。

代入演算子

[=]代入

JavaScriptでは、=は算数のイコールではなく「代入」の機能をもっています。

i="0214";
alert(i);

変数iに文字列0214を代入しているので、iの値は0214です。

j=3+5;
alert(j);

変数jに3+5の結果である8を代入しているので、jの値は8です。

ぺーじとっぷへ