JavaScript初心者がお送りする、JavaScript(基礎編)リファレンスサイトです。

if 条件分岐

if基本形

if (条件) {
	処理内容
}

条件を満たしている場合に{}内の処理内容が実行されます。

i=9;
if (i < 10) {
	document.write("一桁ですね!");
}

→サンプルページを見る

  1. ・変数iに数値9を格納
  2. ・「iが10未満」という条件を満たしているため

▲このページのTOPへ

if~else

if (条件) {
	処理内容1
}else {
	処理内容2
}

条件を満たしている場合は処理内容1が実行され、条件を満たしていない場合は処理内容2が実行されます。

j=10;
if (i < 10) {
	document.write("一桁ですね!");
}else {
	document.write("二桁ですね!");
}

→サンプルページを見る

  1. ・変数jに数値10を格納
  2. ・「iが10未満」という条件を満たしていないので、else以下の処理を実行

▲このページのTOPへ

if~else if~else

if (条件1) {
	処理内容1
}else if (条件2) {
	処理内容2
}else if (条件3) {
	処理内容3
}else {
	処理内容4
}

条件を増やしたい場合はelse ifを追加していきます。
条件1を満たしている場合は処理内容1が実行され、
条件1を満たしていないくて、条件2を満たしている場合は処理内容2が実行され、
条件1も条件2も満たしていなくて、条件3を満たしている場合は処理内容3が実行され、
どの条件も満たしていない場合は、処理内容4が実行されます。

k=21;
if (k < 10) {
	document.write("一桁ですね!");
}else if (k < 20) {
	document.write("10代ですね!");
}else if (k < 30) {
	document.write("20代ですね!");
}else {
	document.write("三十路以上ですね!");
}

→サンプルページを見る

  1. ・変数kに数値21を格納
  2. ・最初の条件「kが10未満」を満たしていないので次の条件へ
  3. ・「kが20未満」も満たしていないので次の条件へ
  4. ・「kが30未満」を満たしているので該当ブロックの処理を実行

ぺーじとっぷへ