JavaScript初心者がお送りする、JavaScript(基礎編)リファレンスサイトです。

組み込み関数

組み込み関数に触れてみる

既にJavaScript側で用意してくれている関数なので、こっちはその関数を実行するだけなので簡単楽ちん!

用途にあった関数を使ってみましょー。

というわけで、試しに使ってみます。

今回使ってみるのは以下の関数。

parseInt()
文字列を数値に変換する
function fugya() {
	var n="100";
	document.write("<p>",n+1,"</p>");
}
fugya();

サンプルページには「1001」が表示されています。
これは、変数nにいれた100が""をつけているので数値ではなく「文字列」と認識されているため、"100"+1は1001となってしまっている状態です。

100を「数値」と認識させるためには(n=100にすればいいだけなんですが、ここではparseInt関数を使いたいがためにわざと"100"にして文字列としてます。)

function fugya() {
	var n="100";
	document.write("<p>", parseInt(n)+1 ,"</p>");
}
fugya();

parseInt関数を使って、nの中身[100]が文字列から数値に変換され、 100+1=101となるわけです。

ぺーじとっぷへ