JavaScript初心者がお送りする、JavaScript(基礎編)リファレンスサイトです。

JavaScriptのルール的なもの

書き方

html内に書く方法と、外部ファイル(***.js)に書く方法があります。

html内に書く

<html>~</html>の間に<script type="text/javascript>~</script>を書いて、~の部分にコードを記述します。

外部ファイ(jsファイル)に書く

htmlファイルのheadタグ内部に、<script src="hoge.js" type="text/javascript></script>と書き、外部ファイル(hoge.js)内にコードを記述します。

大文字・小文字

大文字と小文字は区別されます。
オブジェクトやプロパティは、一般的にすべて小文字で記述する。

スペースと改行

スペース、タブ、改行はすべて無視される。
なので、コードが見やすいようにスペース、タブ、改行を適宜使うとよい。

逆に、容量を圧縮するために(もしくは可読性を落とすために)、スペース、タブ、改行を全部削除しているソースもあります。

セミコロン

最後にセミコロン;を入れる。
省略も可能ですが、入れる癖をつけた方がいいです。

コメント記述方法

一行の場合

//コメントコメント
function hoge(); //コメントコメント

//以下がコメント扱いになります。

複数行の場合

/*コメント
 コ
 メ
 ン
 ト
*/
function hoge();

/*から*/の間がコメント扱いになります。

ぺーじとっぷへ